ケータイ辞書JLogosロゴ MIDI



電子楽器とパソコン間、あるいは電子楽器どうしで、音楽演奏のためのデータ信号を相互にやりとりするためのインターフェイス規格。1983年に国際標準規格となった。Musical Instrument Digital Interface(ミュージカル・インストルメント・デジタル・インターフェイス)の略。
データは、音の高さや長さなどを規定するもの。8ビット単位で、MIDI端子を介してシリアル転送される。
パソコンとMIDI端子のある電子楽器を接続すると、パソコンで楽器を制御できるようになり、ソフトによる自動演奏などが可能になる。パソコンにMIDI音源が内蔵されていれば、楽器がなくても演奏は可能。最高16種の楽器を同時演奏できる。
MIDI規格に不足している音色などについて細かく規定したGM(ジーエム)という規格も普及している。GMはGeneral MIDI(ゼネラル・ミディ)の略。GMに対応している音源(GM音源)であれば、内蔵する音源の配列が同じなので、異なるメーカーの音源に変えるとピアノの音がギターの音になるといったことは起こらず、同じ音色が演奏できる。
さらに細かい規定を加えたGM上位互換のGS(ジーエス)、さらにその上位互換のXG(エックスジー)も提唱されている。GSはローランド、XGはヤマハによるもの。
GM音源が一般的な水準、より高い出力を求めるならGS音源、XG音源を使う。
MIDIデータのファイル形式
SMF(エスエムエフ Standard MIDI Fileの略)形式が標準となっている。SMFに対応していれば、シーケンスソフトが違っても同じ演奏ができる。最も普及しているカモンミュージック社のレコンポーザのファイル形式はRCP(アールシーピー)形式だが、SMFに対応している。★★
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)日本実業出版社「最新パソコン用語の意味がわかる辞典」('03/5)
JLogosID:12260213
最終更新日:2006-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ