ケータイ辞書JLogosロゴ 圧縮ソフト/圧縮解凍ソフト



ファイルを圧縮したり、逆にもとに戻したりする機能を持つソフト。ファイルを効率よく管理・処理することを目的としたもの。複数のファイルをひとつにまとめる機能を併せ持つものが多い。まとめるだけのソフトをアーカイバーといって区別することもある。
ファイルの圧縮は、意味のない空白やデータ間のすき間などを取り除いて長さを縮めたり、同じようなデータが続くときは簡略化したり、データ形式や情報のコード化の方法をくふうしたりすことによって行なう。
ファイルを圧縮すると、サイズが小さくなるため、ディスクに効率よく記録できる。また、インターネットなどでソフト(バイナリーファイル)をやりとりする場合、通信時間が少なくてすむ。
圧縮したファイルを圧縮ファイルといい、利用するときにはもとにもどして使う。
ファイルを圧縮することを凍結、圧縮されたファイルをもとにもどすことを解凍、展開、伸長などという。解凍機能だけのソフトは解凍ソフトである。
ハードディスクの効率的使用のための圧縮ソフトでは、ディスクへの凍結と解凍が自動的に行なわれる場合もある。書き込むときには圧縮、読み込むときには解凍が行なわれるので、特別な操作は不要。自動的に解凍するファイルを自己解凍ファイルという。
圧縮ソフトとしては、LHA(エルエイチエイ)、+Lahca(ラカ)、WinZip(ウィンジップ)が最も一般的。LHAで圧縮したファイルには「LZH」、WinZipで圧縮したファイルには「ZIP」という拡張子がつく。前者をLZH(エルゼットエイチ)ファイル、後者をZIP(ジップ)ファイルという。両方の形式のファイルを解凍できる解凍ソフトとしてLhasa(ラサ)が有名。これらはフリーソフト、あるいはシェアウェアで、無料あるいは安価で利用可能。
雑誌などの付録についてくるソフト、インターネットで供給されるソフトは、ほとんどがLHA形式、あるいはZIP形式に圧縮されたものである。
マッキントッシュ用では、CompactPro(コンパクトプロ)、DropStuffIt(ドロップスタッフイット)、MacLHA(マックエルエイチエイ)などが知られる。
米マイクロソフト社が開発した形式で圧縮したファイルをCab(シーエイビー)ファイルという。ソフトのセットアップ用のもので、セットアップ作業によってもとのファイルが復元される。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)日本実業出版社「最新パソコン用語の意味がわかる辞典」('03/5)
JLogosID:12261164
最終更新日:2006-12-11


Warning: mysql_fetch_object(): supplied argument is not a valid MySQL result resource in /usr/local/apache2/htdocs/pc/dictionary/word.html on line 1028



ケータイ辞書 JLogosトップ