ケータイ辞書JLogosロゴ ベネズエラ・ボリバル(国名・国旗の由来など)


1499年マラカイボ湖畔へ来航した航海者ベスプッチとオヘーダが,先住民の水上家屋群を水の都ベネチアに見立て,「小さなベネチア」の意でベネズエラと呼んだことに始まる。国旗の黄は豊かな天然資源,青は母国スペインとを隔てる大西洋,赤は旧宗主国スペインなど旧大陸を表す。2006年3月国章の一部と星の数を変更したが,8つの星は独立当時の7州と東部地区(現ガイアナ領)を示すという。国章入りは大統領や公的機関などの官用旗のみ。国歌は『勇敢な国民に栄光あれ』。国花はカタセツムというランの一種。国樹はタベブイア(ノウゼンカズラ科のトランペットツリー)。国鳥はツリスドリ
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[最新世界各国要覧12訂版]('06/7)
JLogosID:14051137
最終更新日:




ケータイ辞書 JLogosトップ