ケータイ辞書JLogosロゴ 第3のビール
【だいさんのびーる】

生活>

ビール風炭酸アルコール飲料
ビールの風味を醸し出していながら酒税法上の分類はビールでも発泡酒でもないため、低い価格設定で販売されるアルコール飲料のこと。
麦芽の代わりに大豆や小麦などを原料に使うことで、酒税法ではビール発泡酒ではなく、「その他の雑酒」または「リキュール類」に位置づけられる。そのため、350ミリリットル入り缶の店頭価格で見ると、ビールが210円前後、発泡酒が150円前後に対して、「第3のビール」は130円程度と低く抑えることが可能になった。
2003年にサッポロビールが発売した「ドラフトワン」を皮切りに、2004年にはサントリーが「スーパーブルー」で市場に参入した。2005年4月にはキリンの「のどこし」とアサヒビールの「新生」が登場し、大手4社から「第3のビール」が出そろった。
ビール業界の推計によるとビール発泡酒を含めたビール関連飲料全体に対して、「第3のビール」の出荷量が2割に達した模様だ。

解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)時事用語のABC('05/5)
JLogosID:14425258
最終更新日:2005-05-16




ケータイ辞書 JLogosトップ