ケータイ辞書JLogosロゴ UberEATS
【うーばーいーつ】

[写真/イラスト]
商品・サービス>サービス

 米国UberTechnologies社が手がける、フードデリバリーサービス「UberEATS(うーばーいーつ)」。
Uber社の自動車配車システムを応用して、レストランのフードをUberの配達員が届ける仕組みを構築している。Uberと契約する配達員は、利用者からオーダーのあったお店へフードを取りに行き、そして利用者の元へ運ぶ仕組み。これらを複数の配達員からUber社が動的に決定し、最短・最適な方法でデリバリーするシステムとなっている。このため、お店が近ければ10分以内での配達もあり得る。

 今までの「出前」は、各レストランが自前で配達員を確保しなければならなかったが、この仕組みを利用すると、レストランはUberの配達員へ「お弁当:テイクアウト」として渡すのみで完結する。このため今まで宅配をしていなかったレストランも、新たに始めることが容易になる。

 2016年9月29日、港区周辺エリア(渋谷・恵比寿・青山・赤坂、六本木・麻布エリア)で開始され、登録レストラン数も150と発表されている。イタリアンのDALMAT、トリュフ卵かけごはんの右京、アップルパイのグラニースミス、ドーナツのクリスピークリーム等、いままで宅配していなかった有名店も続々参加している。また今後さらにエリア、レストラン共に拡大されていくと思われる。

 UberEATSの「配達システム」は、配達業務を最適化し、動的に決定するUber社独自の仕組で動いているが、この「配達員」はUber社と個人との契約(アルバイト感覚・業務委託契約)のため、配達サービスの品質には個人差が生まれやすい。このためトラブル時の対応などにも課題が残りそうだ。
 ただ、配達員は好きな時間に働くことができる上、歩合制で報酬が増える仕組みのため、早く効率的に運べば次の配達も受注でき、時給換算すると数千円というのも現実的にあり得るためモチベーションが自動的に高まる仕組みにもなっている。空き時間で効率的に働くという、新しいワークスタイルが浸透していくかもしれない。

 Uber社の「配車・配達システム」は、自動車やフードデリバリーのみでなく、今後様々なケースに応用される事も考えられ、遊休資産・時間を効率的に活用する、新たなシェアリングエコノミーとして発展していきそうだ。(K)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp


JLogosID:14425651
最終更新日:2016-10-10




ケータイ辞書 JLogosトップ