ケータイ辞書JLogosロゴ 魚の料理法
【さかなのりょうりほう】

6章 魚の食用と環境>魚の料理法

日本人の粋 カツオの食文化
■初鰹と戻り鰹
■苦肉の策だった「カツオのたたき」
■異国の地で出会うカツオ節
※補足情報
カツオ漁といえば、土佐が代表格。紀伊の漁師からこの地に一本釣り漁が伝わったのは、江戸時代の初期といわれている。出漁の基地として使われていた足摺岬周辺の湊に広まっていったらしい。牛の角などで作る擬似餌や、イワシの生き餌など、現在の漁法の原型は江戸時代に確立された。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)日本実業出版社「魚の雑学事典」('05/3)
JLogosID:14615222
最終更新日:2005-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ