ケータイ辞書JLogosロゴ トライデントSLBM
Trident Submarine Launched Ballistic Missile

国際関係>軍備管理・軍事技術

 米海軍のオハイオ級戦略潜水艦に搭載されている弾道ミサイル。米空軍が運用する陸上配備のミニットマンIIIICBM(大陸間弾道ミサイル)、米空軍の有人爆撃機(B‐52HとB‐2A)と共に、米戦略核攻撃力の3本柱を構成している。3段式固体燃料型で、最大射程は7400km、W76またはW88水爆弾頭を最大12発装備できるが、米ソ戦略兵器制限条約(START)では最大装備数を8発に制限している。1隻に24基のトライデントD‐5が搭載されるが、2006年2月に公表された米軍戦力構成の4年次見直し(QDR)によって、1隻当たり2基のトライデントの弾頭が通常(炸薬)型に換装され、重防護施設や地下施設の破壊、あるいはテロリストの会議場所のような、短時間の内に攻撃をせねばならない目標の攻撃手段として使われる方針が打ち出された。発射後30分以内に目標に到達できるため、攻撃指令を受けてから1時間以内に目標の攻撃ができ、また爆弾よりも遥かに大きい貫徹力(地中突入能力)を持つ。02年頃から通常弾頭型の開発が進められ、GPS誘導装置の付加により目標の中心から10m以内に着弾できる高い命中精度が得られ、2年以内に実用化される。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:14845767
最終更新日:2011-01-01




ケータイ辞書 JLogosトップ