ケータイ辞書JLogosロゴ パトリオットPAC‐3防空システム
Patriot PAC‐3 air‐defense system

国際関係>軍備管理・軍事技術

 米陸軍の(対航空機用)地対空ミサイルとして開発されたパトリオットシステムを基に、弾道ミサイル迎撃能力を持たせた型。対航空機用のベーシック(Basic)型パトリオットに限定的な弾道ミサイル迎撃能力を与えた型がPAC‐2(Patriot Advanced Capability)で、1991年湾岸戦争でイラクが発射したスカッド(アル・フセイン)弾道ミサイルの迎撃に使用された。しかし、スカッドの弾頭を無力化できなかったなど不十分な点が多かったため、弾道ミサイルの弾頭部に直接命中して運動エネルギーで弾頭を無力化する(KEK)方式のPAC‐3が開発された。PAC‐3型は巡航ミサイル迎撃能力も有し、米国と欧州で共同開発しているMEADS(中型広域防空システム)の基本ともなっている。2002年秋から米陸軍に実戦配備され、03年のイラク戦争ではイラク軍が発射した短距離弾道ミサイル3発の迎撃に成功した。日本は航空自衛隊の6個高射群用に85年からベーシック型の調達を開始し、順次PAC‐2型への改造を行い、04年度から弾道ミサイル防衛計画の一環としてPAC‐3型の導入と発射機、レーダーなどの改造に着手、06年度から部隊配備が開始される。迎撃ミサイルは1発が、米陸軍調達価格で388万ドル。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:14845771
最終更新日:2011-01-01




ケータイ辞書 JLogosトップ