ケータイ辞書JLogosロゴ ワッセナー協約
Wassenaar Arrangement

国際関係>軍備管理・軍事技術

 通常兵器と兵器応用可能汎用技術(デュアルユース技術)の移転規制協定。冷戦時代の対共産圏兵器・高度技術移転規制COCOMは冷戦の終結で意義を失う一方、通常兵器とデュアルユース技術の拡散が大きな問題となったため、1993年ハーグでCOCOMメンバー17カ国代表が会合して、新しい多国間協定の締結が合意された。94年3月にオランダのワッセナーで開催された会合でCOCOMの廃止と新協定の設立が正式に決まり、ワッセナー協約と呼ばれる。ロシアの加盟問題で難航したが、96年7月にウクライナ、ブルガリアなども加えた33カ国で発足。通常兵器の移転状況の情報交換が行われ、移転制限対象品、技術を規定したコントロールリストが作られている。2004年12月のウィーン総会では、テロリストへの兵器や技術移転を防止、テロに使用される可能性が高い携行式地対空ミサイル(MANPADS)の規制を強化、既存の規制内容の説明をより分かりやすい「ユーザー・フレンドリーな」記述に改めるなどの合意が成立した。また、同年10月には、未加盟国、NGO、学会などを含めた拡大会合(アウトリーチセミナー)が初めて開催された。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:14845779
最終更新日:2011-01-01




ケータイ辞書 JLogosトップ