ケータイ辞書JLogosロゴ むつ小川原開発


社会>国土利用と都市

 第2次全国総合開発計画(新全総)に基づき、青森県六ケ所村を中心に臨海コンビナート型の大規模工業基地を建設するため、1971年から始まった国家的事業。青森県の基本計画で開発面積は約5000haだったが、分譲予定面積の約4割しか売れず、事業主体のむつ小川原開発会社の累積債務は約2400億円に達し、99年に経営破たんした。旧北海道東北開発公庫などが1648億円を債権放棄し、国などが348億円を出資する再建策に基づき、2000年に新むつ小川原会社が事業を継承。20年間で、売れ残りの1020haを分譲する予定。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:14847334
最終更新日:2011-01-01




ケータイ辞書 JLogosトップ