ケータイ辞書JLogosロゴ ライブドア粉飾決算


社会>事件・事故

 東京地検特捜部は2006年1月23日、ライブドアの堀江貴文前社長(当時33)を証券取引法違反(偽計取引、風説の流布)容疑で逮捕、その後同社の決算を粉飾した容疑で再逮捕した。東京大学在学中にインターネット関連会社を起こして上場、株式分割や企業合併・買収を繰り返し、グループ全体の時価総額を10年で約1兆円にした時代の「寵児」だった。この間プロ野球の近鉄球団買収に名乗りを上げ、ニッポン放送株を買い占めた。06年2月、共犯としてライブドア前取締役の宮内亮治被告(当時38)ら3人が最初に起訴された。起訴状よると、堀江被告らはライブドアがすでに買収済みの出版社「マネーライフ」を、新たに関連会社ライブドアマーケティング」が株式交換によって買収する形を取ることで、ライブドア本体としてライブドアマーケティング株を取得することを計画。さらに取得したライブドアマーケティング株の価格をつり上げて多くの売却益を得るため、(1)04年10月に買収を発表した際、株式交換比率などについて虚偽の内容を公表、(2)04年11月に出したライブドアマーケティング決算短信で本当は赤字なのに経常利益7200万円と偽った、などとされる。追起訴の粉飾決算は、ライブドアの04年9月期の連結決算で約53億4700万円を粉飾したとされる。約3億1300万円の経常損失が発生していたのに、売り上げ計上が認められていない自社株の売却収入約37億6700万円を売上高に含め、子会社2社に対する空売り上げ計15億8000万円を計上するなどの手口で、約50億3400万円の経常利益が出たように装った有価証券報告書を提出した。監査を担った公認会計士、法人としてのライブドア、ライブドアマーケティングも起訴された。06年5月に東京地裁であった宮内被告らの初公判で、検察側は堀江被告が粉飾を主導したと指摘。堀江被告は4月27日、保釈保証金3億円で東京拘置所から保釈された。9月の初公判で堀江被告は「起訴は心外」と起訴事実を全面的に否認した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:14847373
最終更新日:2011-01-01




ケータイ辞書 JLogosトップ