ケータイ辞書JLogosロゴ 連続幼女誘拐殺人事件


社会>事件・事故

 埼玉と東京で1988年から89年にかけて、4〜7歳の幼女4人が相次いで誘拐され殺害された事件。89年8月に印刷業手伝いの宮崎勤被告(逮捕当時26)が逮捕された。殺害前後の幼女の裸体を映像におさめたり、被害者の歯や骨を遺族に送り届けたりした異常な行動が関心を集め、犯罪を生んだ社会・文化状況が様々に語られた刑事責任能力をめぐって3種類の精神鑑定が出されたが、東京地裁、同高裁とも、完全責任能力を認め、死刑を言い渡した。弁護人は判決を不服として最高裁に上告した。最高裁第三小法廷は06年1月17日、「性的欲求を満たすために4人の女児を殺害したもので、非道な動機に酌量の余地はない」として上告を棄却する判決を言い渡した。弁護人判決の訂正を申し立てたが、同小法廷は2月1日付で「判決の内容に誤りがあることを発見しない」として申し立てを棄却する決定をし、死刑が確定した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:14847374
最終更新日:2011-01-01




ケータイ辞書 JLogosトップ