ケータイ辞書JLogosロゴ ブルース
blues

文化・芸術>音楽

 アメリカ南部で生まれ、20世紀前半に広まった黒人音楽の1つ。作業歌のワーク・ソング、教会音楽スピリチュアル、ヨーロッパ伝来の物語歌バラッドの要素などが結びついて生まれた。12小節からなり、最初の4小節はテーマの提示、次の4小節は同じフレーズの繰り返しかその変形、最後の4小節でそれを受ける、という典型的な形ができたのは20世紀に入ってからと推測されている。メロディーにはミとシ、ときにはソが半音下がるブルー・ノート音階が使われるブルースという名称は憂うつを意味するブルーの複数形で、日常生活の苦悩からの救済や癒しを願う歌が多い。ジャズでは1920年代から好んでうたわれ、即興の素材にされてきた。踊れるビートを強調した40年代のジャズ系のジャンプブルースは50年代にはR&Bに受け継がれた。ギター伴奏でうたわれた南部のカントリーブルースは、50年代に大都市で電気化され、60年代以降のロックに大きな影響を与えた。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:14849319
最終更新日:2011-01-01




ケータイ辞書 JLogosトップ