ケータイ辞書JLogosロゴ レゲエ
reggae

文化・芸術>音楽

 レゲエはジャマイカのキングストンで1960年代に生まれたポピュラー音楽で、70年代以降、世界に広まった。前身はアメリカ南部のR&Bの影響を受けたスカと呼ばれる2ビートの音楽。それがテンポゆるいロック・ステディに変わり、さらにリズムの細部が変化してレゲエになった。ルーツレゲエと呼ばれる初期のレゲエの演奏は、ウンチャッ、ウンチャッと刻まれるギターやキーボード、メロディアスにはずむベース、4拍子の3拍目を強調するドラムなどが特徴で、歌詞の面ではジャマイカの宗教ラスタファリアニズムの影響を受けていた。80年代以降はダンスホールやラガマフィン(もしくはラガ)と呼ばれる語り中心のスタイルが人気を集め、コンピューターサウンドが増え、リズムも一様ではなくなった。コミカルなダミ声によるその語りはトースティングディージェイングと呼ばれる。70年代に登場したレゲエカラオケはダブと呼ばれ、その音響加工方法は世界中のポピュラー音楽サウンドに大きな影響を与えている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:14849328
最終更新日:2011-01-01




ケータイ辞書 JLogosトップ