ケータイ辞書JLogosロゴ リバタリアニズム
libertarianism

文化・芸術>現代社会と思想

 個人の自由権を絶対的に重視し、それに制約を加える国家の役割を最小限度にとどめようとする自由至上主義の思想。リベラリズムが政府による自由市場への介入と所得の再配分を推進し、社会的平等を重視する福祉国家の制度的基礎を提供したのに対し、1970年代以降の米国において、個人権的自由権を絶対的に擁護する立場から、国家の権力と機能を制限し、「最小国家」の創設を求める思想としてリバタリアニズムが登場してきた。この中には大きく分けて2つの立場が存在している。1つは経済面での国家の関与を批判するもので、代表者として市場経済における選択の自由を擁護するフリードマンを挙げることができる。もう1つは、国家が個人の自由な生き方に介入することを批判する立場である。ロック自然権の影響のもとで、権利の基底的原理としてリバタリアニズムを採用したノージックは、基本的に自己の身体と財産に対する所有権だけを侵害されてはならない権利とみなす。その結果社会権などは認めない。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:14849448
最終更新日:2011-01-01




ケータイ辞書 JLogosトップ