ケータイ辞書JLogosロゴ 「ユダの福音書」


文化・芸術>宗教

 2006年4月、米国の科学教育団体ナショナル・ジオグラフィック協会(本部ワシントン)は、1970年代にエジプト中部の砂漠地帯で発見されたパピルス紙の束が、専門家による修復・鑑定の結果、初期キリスト教の文書「ユダの福音書」の約1700年前の写本であることが確認された、と発表した。この福音書は、紀元180年頃の異端を批判する文献のなかにも登場しており、その存在は古くから知られていたが、実物の内容が確認されたのは、今回が初めてである。その写本によるとイエス・キリストの弟子の1人であるイスカリオテのユダは、イエスの命令に従い、イエスを処刑されるように引き渡したとされている。これまで『新約聖書』では、ユダはイエスを引き渡した「裏切り者」として描かれてきた。従って、この福音書の内容は、キリスト教が正統としてきた教えとは正反対のものとなる。そのため、福音書の内容や解釈について、キリスト教会内で大きな議論が沸き起こっている。いずれにせよ、この福音書初期キリスト教を知る上で重要な資料になるだろう。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:14849508
最終更新日:2011-01-01




ケータイ辞書 JLogosトップ