ケータイ辞書JLogosロゴ 陽春白雪
【ようしゅんはくせつ】

四字熟語>風流桃源で悠悠自適

春爛漫に”雪景色”という景観を表現することばではない。すぐれた人物の言行には、普通の一般大衆は調子を合わせにくいというたとえ。「陽春白雪、和する者寡し」という。「陽春白雪」は、楚の国のかなり高尚な歌曲の題名。低俗な流行歌は、だれでも一緒に歌えるが、本格的なクラシックやオペラは声を合わせて歌える人が少ない。カラオケバーでは、あまり高尚な歌は聞かれないが、演歌となると合唱つきだ。
後漢書』周挙。
陽春の曲、和する者必ず寡し。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)四字熟語
JLogosID:4373498
最終更新日:2007-06-17




ケータイ辞書 JLogosトップ