ケータイ辞書JLogosロゴ 世界システム
【せかいしすてむ】
world system

文化・芸術>現代社会と思想

 ウォーラーステインは国民国家や国民経済を単位にした従来の歴史記述に対して、商品交換による世界経済システムの全体を分析の軸とした近代史の見方を提示した。近代以前に見られた局所的に存在した世界システムは政治的に統合された世界帝国だったのに対し、16世紀末にヨーロッパで成立した世界システムは、商品の分業体制による経済システムであり、諸国家や諸領域は政治的な統治権力ではなく、商品交換によって経済的に結びついていた。ウォーラーステインによれば、これを構成する地域には中核的諸国、半周辺的地域、周辺地域の3つがあり、時代と共に中核的諸国が変遷してきた。この中核的諸国の中から、経済力を強化し、生産する商品の競争力が他の国を圧倒するヘゲモニー国が現れた。その例として17世紀のオランダ、19世紀のイギリス、20世紀の米国が挙げられる。中核国では自由な賃労働が主流になってくるのに対して、半周辺国・周辺国では強制的な労働形態が優勢となり、プランテーション農業のような単一産業が拡大した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:4393939
最終更新日:2007-07-02




ケータイ辞書 JLogosトップ