ケータイ辞書JLogosロゴ 大深度地下
【だいしんどちか】

社会>国土利用と都市

 土地所有者が通常は利用しないような深い地下空間。現在の技術水準では地下室の建設が行われないような、40m以深の地下を指すことが多い。2001年4月に施行された大深度地下の公共的使用に関する特別措置法(大深度地下法)の対象は三大都市圏などで、対象事業は鉄道、道路、河川、ガス、上下水道などの公益事業。国土交通相または知事が事業者に対し、大深度地下の使用を許可する。土地収用では事前補償が原則だが、事業の実施に時間と費用がかかる。そこで、土地所有権は大深度地下にも及ぶが土地所有者の「利用の利益」のある場合に限られる、との通説を根拠に、大深度地下法では事前補償を原則不要とし、例外的な場合に事後補償をすると定めた。東京外かく環状道路(外環道)の東京都内分16kmについて、東京都は06年4月、大深度地下法を初適用するため、都市計画の変更手続きを始める方針を表明した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:4394219
最終更新日:2007-07-02




ケータイ辞書 JLogosトップ