ケータイ辞書JLogosロゴ 東京外かく環状道路
【とうきょうがいかくかんじょうどうろ】

社会>国土利用と都市

 東京都心から半径約15km圏を環状に結ぶ延長約85kmの道路。1966年から69年にかけて東京都、埼玉県、千葉県内の各区間が都市計画決定され、埼玉県内の関越自動車道(関越道)と常磐自動車道(常磐道)を結ぶ約33kmはすでに完成し、千葉県内の常磐道と首都高速湾岸線を結ぶ区間は工事中(2006年7月現在)。東京都内の関越道と東名高速道を結ぶ16km区間は、66年に高架方式での建設が都市計画決定されたが、騒音・排出ガスを心配する住民の反対が強く、70年に凍結された。この凍結区間について国土交通省は2003年1月、大深度地下法を初適用し、深さ40m超のトンネル方式によって建設することで東京都と合意。同法を使えば、用地買収や土地所有者への補償は原則的に不要となる。04年1月、同省は環境に関する現地調査に着手した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:4394754
最終更新日:2007-07-02




ケータイ辞書 JLogosトップ