ケータイ辞書JLogosロゴ 日本橋(にほんばし)
【にほんばし】

社会>国土利用と都市

 東京都中央区を流れる日本橋川に架かり、かつて江戸の象徴とされた橋。1999年、国道の橋としては初めて国の重要文化財に指定された。(同じ日本橋と書いても「にっぽんばし」と呼ばれるのは大阪市中央区の道頓堀川に架かる別の橋)。最初は江戸開府後、5街道の起点として1603(慶長8)年に架橋された。江戸時代に日本橋周辺は商業、流通の拠点として発展。日本橋魚河岸は鮮魚の売買でにぎわい、現在の日銀本店の場所には金座が置かれ、関東経済の中心地だった。現在の橋は1911(明治44)年に53万円余り(現在の約5億円相当)を投じて架けられた。ルネサンス様式の2連アーチ型花崗岩造りで長さ約49m、幅約27m。橋の中央部に全国への道路元標がある。しかし、東京五輪の前年(1963年)に完成した首都高速道が橋の真上におおいかぶさり、景観が台無しになってしまった。景観復活を求めて68年に地元の商店主らが「名橋『日本橋』保存会」をつくり、83年に「よみがえれ日本橋宣言」を出した。2006年6月、小泉純一郎首相の私的諮問機関「日本橋川に空を取り戻す会」は橋の上の首都高速道を地下に移転する案を軸に検討していく方針を決めた。総事業費は4000億〜5000億円。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:4395058
最終更新日:2007-07-02




ケータイ辞書 JLogosトップ