ケータイ辞書JLogosロゴ ニュー・トレンド
【にゅーとれんど】

文化・芸術>建築

●伊東豊雄といえば、「せんだいメディアテーク」「まつもと市民芸術館」「TOD'S表参道」など、実験的な構造と美麗な造形を両立させた作風で知られ、また海外でも多くのプロジェクトを手がける著名な建築家。その伊東が、2006年2月15日に英国のロイヤル・ゴールドメダルを受賞した。同賞は世界の建築界に大きな影響を与えた建築家を表彰するもので、日本人としては丹下健三、磯崎新、安藤忠雄に次ぐ4人目の受賞。名実ともに日本を代表する建築家と認められた伊東の今後に注目。
●イタリア文化会館といえば、かつては独特の風情をたたえた蔦の絡まったビルで知られる東京・千代田区九段の名所であった。ところが、近年は老朽化が進んだため新しいビルに建て替えられたのだが、その外壁は鮮やかな赤色。設計したガエ・アウレンティが日本の伝統文化である漆を意識したという配色だが、近隣住民には不評で壁の塗り替えを求める声が相次いだ。都市景観の行方をめぐる議論の行く末が注目される。
●民藝運動の提唱者として知られる哲学者・柳宗悦。東京・目黒区駒場の日本民藝館はその思想を受け継ぐ美術館だが、このほど、その傍らに位置する旧柳邸の修復作業が完了し、死後45年を経て初めて一般公開された。室内空間には柳の民藝思想が随所に息づいており、書斎を埋め尽くす蔵書は、柳の晩年の思索をしのばせて興味深い。また出窓を設け、イギリス式のテーブルを据えるなど、ハイカラな西洋趣味の一面も窺われる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:4395176
最終更新日:2007-07-02




ケータイ辞書 JLogosトップ