ケータイ辞書JLogosロゴ ポスト構造主義
【ぽすとこうぞうしゅぎ】
poststructuralism

文化・芸術>現代社会と思想

 構造主義の提唱者レヴィ=ストロース以降に現れた、フランスの一群の思想家の思想を指す。ドゥルーズ、デリダ、フーコー、リオタールなどが代表者。アメリカで名付けられた呼び名であって、フランスではあまり用いられない。ポストモダン思想とほぼ同義である。構造主義は、個々人の意識や主体を出発点として考える現象学実存主義を批判し、社会的な関係性や言語を意識や主体に先行するものとして重視するが、この点では彼らは構造主義に同調する。しかし構造主義が人文学において真に科学的な方法を確立したと自負する点については、新たな「真理」を打ち立てようとするものとして批判する。また、レヴィ=ストロースは構造をもっぱら静止した固定的なものとして語ったのに対し、フーコーやドゥルーズは、動的で複雑な権力の働きを社会のなかに見出そうとしたが、この点も、構造主義との違いといえる。ポスト構造主義は「近代」が当然と見なしてきたものを様々に批判するが、しかしそうした批判はもともと構造主義が開始したものだった。その点で、構造主義ポスト構造主義とは一連の思想の運動として捉えることができる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:4396073
最終更新日:2007-07-02




ケータイ辞書 JLogosトップ