ケータイ辞書JLogosロゴ DisplayPort
【でぃすぷれーぽーと】
DisplayPort

社会>パソコン

 ディスプレー関連の標準化などを手掛けるVESAによって策定された、パソコン用のディスプレー接続規格。現在主流であるDVIを置き換えることを目的としたもので、よりコネクターが小さく、ケーブルが細く、それでいてより高い解像度の表示が実現できるのが特長。また、「ディスプレーの数珠つなぎ」に対応しており、マルチディスプレーを実現しやすい。
 著作権保護規格HDCPに対応しており、日本国内のデジタル放送やブルーレイディスクの映像などの、伝送時に著作権保護が必須とされている映像を表示するディスプレーにも利用できる。外部接続だけでなく、ノートパソコンなどで、ディスプレーを「本体内部」で接続する技術としても、利用される予定がある。
 よく似た特性をもち、AV用の規格としてHDMIがある。変換コネクターを利用することで相互に接続が可能だが、同じものではない。表示可能な解像度は、DisplayPortの方が高い。
 HDMIの人気に押されていること、採用ディスプレーがまだ少ないことから、採用パソコンおよびビデオカードは少ない。ただしアップル社は、2008年9月発売の製品より、自社の製品で広くDisplayPortを採用する方針を明確にしている。
(西田宗千佳 フリージャーナリスト 2008)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2007」
JLogosID:4406991
最終更新日:2008-01-01




ケータイ辞書 JLogosトップ