ケータイ辞書JLogosロゴ 結婚活動
【けっこんかつどう】

社会>流行語

 合コンやお見合いパーティーへの参加、結婚相談所や情報サービス会社への登録など、結婚相手を見つけるための積極的な活動をいう。就職活動を表す「就活」をもじった造語で、2008年3月に刊行された『「婚活」時代』(山田昌弘・白河桃子)が火付け役となった。マスコミでは、アラフォー世代(40歳前後)の女性が対象にされることが多いが、20代男女の婚活も盛んになっている。30代前半の非婚率が男性約47%、女性約32%(05年国勢調査)という晩婚・非婚時代において、理想の結婚相手を見つけるためには、就職活動と同じく幅広い情報の入手や積極的なアピールが欠かせないという意識が、若い世代の「婚活」を後押ししているようだ。「婚活」ビジネスも盛況で、08年12月には、ヤフーがツヴァイ(会員数約4万人)など結婚仲介業3社との提携を発表。また、自治体が見合いパーティーなどを主催する「婚活」支援事業や、「花婿学校」(名古屋市)などNPO法人の支援活動も注目を浴びている。婚活実践書でもある『「婚活」時代』のメッセージは、「女性たちよ、狩りに出(い)でよ。男性たちよ、自分を磨け」というもの。1980年代から恋愛市場が自由化され、出会いの場や選択肢は拡大しているが、同時に「別れる自由」も「すぐには結婚しない自由」も得られるようになった。これにより、社内恋愛による結婚やお見合いによる結婚というパターンが成立しなくなったと分析。職場やサークルで結婚相手と出会える、誰かが世話をしてくれるという時代ではない。「待ち」から「狩り」へと姿勢を変えなければ、結婚には至らないという。
(大迫秀樹 フリー編集者 2009)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2009」
JLogosID:4407005
最終更新日:2009-04-15




ケータイ辞書 JLogosトップ