ケータイ辞書JLogosロゴ 生キャラメル
【なまきゃらめる】

社会>流行語

 牛乳、生クリーム、水飴、蜂蜜などを原料とする飴菓子。タレントで酪農家の田中義剛が営む「花畑牧場」(北海道河西郡中札内村)が開発し、2007年4月に「花畑牧場生キャラメル」 の名で販売を始めた。濃厚な味と柔らかくとろけるような食感が人気を呼び、08年には製菓業最大のヒット商品となった。同年5月2日に「生キャラメル」の名は商標登録(出願人・田中義剛)されている。同牧場の「生キャラメル」は、すべて手作りで製造数が限られているため、直営店・ネット通販以外では新千歳空港や百貨店の物産展などでしか購入できない。花畑牧場の販売店でも一人5箱までと限定している。そのため同年7月に、右翼団体を名乗る男が同牧場に大量販売(200箱以上)を求めるという脅迫事件が発生。男は強要未遂容疑で逮捕されている。また、「花畑牧場」製を偽るニセ生キャラメルも現れ、同年10月には埼玉県で不正競争防止法違反の捜査対象となった偽商品からメラミンが検出されるという事件も起こった。「白い恋人」や「マルセイバターサンド」などを押しのけ、今や北海道土産の代表となった「生キャラメル」には、道内だけでも40社近く(08年末時点)が参入していると見られる。なお、北海道は以前から観光客向けキャラメルの製造が盛んで、伝統ある「バンビキャラメル」(51年発売)の他、「ジンギスカンキャラメル」「夕張メロンキャラメル」など、ご当地キャラメルが数多い。
(大迫秀樹 フリー編集者 2009)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2009」
JLogosID:4407006
最終更新日:2009-04-15




ケータイ辞書 JLogosトップ