ケータイ辞書JLogosロゴ 逆チョコ
【ぎゃくちょこ】

社会>流行語

 バレンタインデーで、男性が女性に贈るチョコレート。2008年のバレンタイン商戦から話題に上り始めた。08年12月に森永製菓が実施した意識調査(10〜50代の男女800人対象)によると、男性の72.8%が贈ってもよいと回答。これを受け、同社は09年1月に通常商品のパッケージのロゴを反転させた「逆チョコ」3シリーズを発売した。前年からの金融不況で消費マインドが冷え込む中、マーケッターやコンビニ、百貨店などの小売店も、新しいトレンドとしての「逆チョコ」を積極的にアピール。菓子業界・流通業界ともにバレンタインデーの新機軸として力を入れている。そもそも女性が男性にチョコをプレゼントするという風習は日本特有のもので、58年に洋菓子商(製造・販売)「メリーチョコレート」が企画したのが始まりとされる。当初、女性限定の「愛の告白ツール」だったバレンタインチョコは、やがて「本命チョコ」と「義理チョコ」に二分化。その後は、次第に職場や学校での人間関係を円滑にさせる「義理チョコ」が主流になり、バレンタインデーは一大イベントとして国民の間に浸透するようになった。近年は、親しい友人に贈る「友チョコ」、自分へのごほうび「マイチョコ」、義理チョコの延長型「世話チョコ」が出現するなど、需要の多様化が進んでいる。
(大迫秀樹 フリー編集者 2009)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

「(C)知恵蔵2009」
JLogosID:4407007
最終更新日:2009-04-15




ケータイ辞書 JLogosトップ