ケータイ辞書JLogosロゴ <>他し・異し<>徒し
【あだし-】
<接頭>

あ行>

<>((古くは「あたし」ともいう))〔名詞の上に付いて〕(別のものであったり、違っていたりする意を表して)他の…。別の…。異なった…。「あだしくに(あだし国)」「あだしごと(あだし事)」「あだしびと(あだし人)」など。
<>〔名詞の上に付いて〕(しっかりしていなかったり、浮ついていたりするの意を表して)はかない…。変わりやすい…。あてにならない…。「あだしごころ(あだし心)」「あだしことば(あだし言葉)」「あだしちぎり(あだし契り)」「あだしなさけ(あだし情け)」など。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5070516
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ