ケータイ辞書JLogosロゴ 徒物
【あだ-もの】
[名]

あ行>

はかないもの。むなしいもの。
[例]「◎命やは何ぞは露のあだものを逢(あ)ふにし替へば惜しからなくに」〈古今・恋二・六一五〉
[訳]「◎命など何だというのだ、露のようなはかないものではないか。(恋する人に)逢うことと引きかえるのなら、(命なんて)少しも惜しくないのに」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5070531
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ