ケータイ辞書JLogosロゴ 辺り
【あたり】
[名]

あ行>


[1]その周辺一帯。付近。近所。
[類]辺(わた)り
[例]「◎天離(あまざか)る鄙(ひな)の長道(ながぢ)を恋ひ来(く)れば明石(あかし)の門(と)より家のあたり見ゆ」〈万葉・一五・三六〇八〉
[訳]「◎都から遠く離れたところからの長い道のりを、(都を)恋しく思いながらやって来ると、明石の海峡から家の付近が見えることだ」
<参考>用例中の「天離る」は「鄙」にかかる枕詞。
[2]家・人などを遠回しに指し示す。
[類]辺(わた)り
[例]「あはれなりし人の、語らひしあたりも」〈紫式部日記〉
[訳]「しみじみとした情趣を解した人で、親しく語り合ったも」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5070536
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ