ケータイ辞書JLogosロゴ 徒業
【あだ-わざ】
[名]

あ行>


[1]役に立たないこと。むだなこと。つまらないこと。
[例]「念仏よりほかのあだわざなせそ」〈源氏・手習〉
[訳]「(老人は)念仏よりほかのむだなことはするな」
[2]浮ついたこと。色事。浮気。
[例]「むべなりけり、君のあだわざをし給はぬは、と思ふ」〈落窪・二〉
[訳]「(乳母は、くつろいだようすの女君を見て)もっともなことだ、ご主人が浮気をなさらないのは、と思う」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5070540
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ