ケータイ辞書JLogosロゴ 天の羽衣
【あま-の-はごろも】
[名]

あ行>

天人の着る薄くて織り目のない衣服。これを着ると、天人として空中を飛べるという。「羽衣(はごろも)」
[例]「ふとあまのはごろもうち着せ奉りつれば、翁(おきな)を、『いとほしく、かなし』と思(おぼ)しつることも失せぬ」〈竹取・かぐや姫の昇天〉
[訳]「(天人がかぐや姫に)さっと天の羽衣をお着せすると、竹取の翁を、『ふびんで、気の毒だ』とお思いになっていたことも消えてなくなってしまった」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5070860
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ