ケータイ辞書JLogosロゴ 天(あま)の原 吹きすさみたる 秋風に 走る雲あれば たゆたふ雲あり
【あまのはらふきすさみたる】

あ行>

〔〔和歌〕〕〈楫取魚彦(かとりなひこ)家集・楫取魚彦〉
[訳]「大空を激しく吹き荒れている秋風に、走るように流されてゆく雲もあれば、一方ゆったりと漂う雲もある」
<参考>楫取魚彦(一七二三~八二)は下総(しもうさ)の国(→しもふさ)香取郡佐原村(=千葉県の北東部)に生まれ、賀茂真淵(かものまぶち)に学んだ国学者、歌人。歴史的仮名づかいの研究で知られ、著書に『古言梯(こげんてい)』がある。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5070864
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ