ケータイ辞書JLogosロゴ 安居
【あん-ご】
[名]

あ行>

((仏教語))陰暦四月十六日から七月十五日までの九十日間、僧が一定の場所にこもって修行すること。雨期の意の梵語を漢字に訳した語。「夏(げ)安居(あんご)」「雨(う)安居(あんご)」「夏行(げぎゃう)」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5071242
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ