ケータイ辞書JLogosロゴ 暗証の禅師
【あんしょう-の-ぜんじ】
[名]

あ行>

(仏教教理の研究をおろそかにして)座禅だけにふけっている僧。
[対]文字(もんじ)の法師(ほふし)
[例]「文字(もんじ)の法師・あんしょうのぜんじ、たがひに測りて、己(おのれ)にしかずと思へる、共に当たらず」〈徒然・一九三〉
[訳]「文字の法師(=仏教の学問だけに没頭する僧)と座禅だけにふけっている禅宗の僧とが互いに推し量って、(相手が)自分に及ばないと思っているのは、どちらも当たっていない」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5071245
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ