ケータイ辞書JLogosロゴ
【へ】
[名]

は行>


[1]あたり。ほとり。そば。
[例]「◎大君(おほきみ)のにこそ死なめ顧みはせじ」〈万葉・一八・四〇九四・長歌〉
[訳]「◎大君のそばでこそ死のう。(わが身のことを)気にかけることはするまい」
[2](沖に対して)海岸近く。海辺。
[対]沖(おき)
[例]「◎沖つ藻(も)はには寄れども」〈書紀・神代・下・歌謡〉
[訳]「◎沖の海藻は海辺には近づくけれども」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5072109
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ