ケータイ辞書JLogosロゴ 反閇・返閉・反陪
【へん-ばい】
[名]

は行>

陰陽道(おんようどう)のまじないの一種。天皇や貴人が神拝や外出などをするときに、邪気をはらい除くために陰陽師が地面を足で踏みしめながら呪文(じゅもん)を唱えて歩くもの。
[例]「陰陽師なんどいふは、へんばいとて、足をもあだに踏まずとこそ承れ」〈平家・三・公卿揃〉
[訳]「陰陽師などいう者は、反閇といって、足をもいいかげんには踏みおろさないとお聞きしている」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5072229
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ