ケータイ辞書JLogosロゴ
【いま】
<一>[名]<二>[副]

あ行>

<一>
[1]現在。現代。
[例]「その帝(みかど)よりこなた、いまの帝まで、十四代にぞならせ給ひにける」〈大鏡・序〉
[訳]「その天皇(=文徳天皇)から以降、現在の天皇(=後一条天皇)まで、十四代におなりになられた」
[2]新しいこと。新しいもの。
[例]「前(さき)の守、いまのも、もろともに降りて」〈土佐・十二月二十六日〉
[訳]「前の国守も、新しいもの(=新しい国守)も、そろって(庭に)おりて」
<二>
[1]ただ今。目下。今すぐに。
[例]「◎いま来(こ)むと言ひしばかりに長月の有り明けの月を待ち出(い)でつるかな」〈古今・恋四・六九一〉
[訳]⇒いまこむと…〔〔和歌〕〕
[2]まもなく。やがて。そのうちに。
[例]いま、秋風吹かむをりぞ来(こ)んとする」〈枕草子・虫は〉
[訳]まもなく、秋風が吹く時季に(迎えに)来るつもりだ」
[3]さらに。もう。なお。
[例]いまひときは心も浮き立つものは、春の気色(けしき)にこそあめれ」〈徒然・一九〉
[訳]さらにいっそう心もうきうきするものは、春のようすであるようだ」
[4]新しく。新たに。今度。
[例]「かたへはなくなりにけり。いま生ひたるぞまじれる」〈土佐・二月十六日〉
[訳]「(池のほとりの松の)一部分がなくなってしまっていた。新しく生えたのがまじっている」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5074689
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ