ケータイ辞書JLogosロゴ
【めい】
[名]

ま行>


[1]いのち。生命。
[例]「万死のめいを忘れて、一戦の功をたつ」〈平家・七・返牒〉
[訳]「(源氏軍は)助かる見込みのないをかえりみず、戦功を立てた」
[2]命令。指示。仰せ。
[例]「親のめいを背(そむ)かじと、つらき道におもむいて」〈平家・一・祇王〉
[訳]「親の命令に逆らうまいと、(行きたくない)つらい所に出向いて」
[3]運命。天命。めぐり合わせ。
[例]「道路に死なん、これ天のめいなりと」〈奥の細道・飯塚の里〉
[訳]「(旅の)道中で死んだとしたら、それも天が定めた運命であると」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5079364
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ