ケータイ辞書JLogosロゴ 冥途の飛脚
【めいどのひきゃく】

ま行>

[[演目]]江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)。世話物。三段。近松門左衛門作。宝永八(一七一一)年三月、大坂竹本座で初演。歌舞伎では改作を経て「恋飛脚大和往来(こひびきゃくやまとわうらい)」の演目で上演される。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5079374
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ