ケータイ辞書JLogosロゴ 来迎
【らい-がう】
[名]

ら行>

らい-がう【来迎】(―ゴウ)((仏教語。古くは「らいかう」))念仏を唱える者の臨終に際して、極楽浄土から菩薩(ぼさつ)や阿弥陀仏(あみだぶつ)が迎えにくること。
[例]「西方浄土(さいはうじゃうど)のらいかうに預(あづか)らむとおぼしめし」〈平家・一一・先帝身投〉
[訳]「西の方にある極楽浄土からの阿弥陀仏の迎えを受けようとお思いになって」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5083032
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ