ケータイ辞書JLogosロゴ 労あり
【らう-あ・り】

ら行>

らう-あ・り【労あり】(ロウ―)
[1]熟練している。もの慣れている。
[例]「玉淵はいとらうありて、うたなどいとよくよみき」〈大鏡・道長・下〉
[訳]「玉淵(=人名)はとてももの慣れていて、和歌などをとても巧みに詠んだ」
[2]心づかいが行き届いている。あれこれとよく気がつく。
[例]「世にさすらふるやうにて生ひ出(い)で給ひけれど、かどかどしくらうありて」〈源氏・若菜・下〉
[訳]「(玉鬘(たまかずら)は)世の中を放浪するようにして成長なさったけれども、才気があり心づかいが行き届いていて」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5083045
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ