ケータイ辞書JLogosロゴ 郎従
【らう-じゅう】
[名]

ら行>

らう-じゅう【郎従】(ロウ―)家来。従者。「郎等(らうどう)」
[例]「或は相伝(さうでん)のらうじゅうと号(かう)して、布衣(ほうい)の兵(つはもの)を殿上(てんじゃう)の小庭に召しおき」〈平家・一・殿上闇討〉
[訳]「(平忠盛(ただもり)は)ある時は代々の家来と称して、無紋の狩衣(かりぎぬ)を着た武士を殿上の間の前庭に呼び寄せなさって」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5083052
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ