ケータイ辞書JLogosロゴ 狼藉
【らう-ぜき】
[名]<形動>[ナリ]

ら行>

らう-ぜき【狼藉】(ロウ―)
[1]物が散乱していること。乱雑なこと。
[例]「或夜野分(のわき)はしたなうふいて、紅葉(こうえふ)みな吹きちらし、落葉(らくえふ)頗(すこぶ)るらうぜきなり」〈平家・六・紅葉〉
[訳]「ある夜秋の暴風が激しく吹いて、紅葉を全部吹き散らし、落葉がひどく散乱している
[2]無法であること。乱暴なこと。無礼なこと。
[例]「こは希有(けう)のらうぜきかな」〈徒然・一〇六〉
[訳]「これ(=上人(しょうにん)の馬を堀へ落としたこと)はとんでもない無礼なことだぞ」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5083057
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ