ケータイ辞書JLogosロゴ 郎等
【らう-どう】
[名]

ら行>

らう-どう【郎等】(ロウ―)
[1]家来。従者。「郎党(らうだう)」「郎従(らうじゅう)」
[例]「いふかひなき人のらうどうにくみおとされさせ給ひて」〈平家・九・木曾最期〉
[訳]「つまらないだれかの家来と組み合って(馬から)落とされなさって」
[2]武士の従者で、主人と血縁関係がなく、領地も持たない者。「郎党(らうだう)」
[対]家(いへ)の子(こ)
[例]「三浦介義澄(みうらのすけよしずみ)も家子(いへのこ)二人(ににん)、らうどう十人具したり」〈平家・八・征夷将軍院宣〉
[訳]「三浦介義澄も(血縁関係がある)家臣二人と、(血縁関係がない)従者十人を引き連れていた」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5083062
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ