ケータイ辞書JLogosロゴ 然あらぬ
【さ-あら-ぬ】

さ行>

((副詞「さ」+動詞「あり」の未然形+打消の助動詞「ず」の連体形))なんでもない。そ知らぬ。なにげない。
[例]「さては夫にも打ち明けしと思ふ怒りをさあらぬ顔」〈浄・仮名手本忠臣蔵・三〉
[訳]「それでは夫にも打ち明けたのかと思う怒りに(震えたが)そ知らぬ顔(をして)」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5083395
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ