ケータイ辞書JLogosロゴ 行き交ふ
【ゆき-か・ふ】
[自][ハ四]は/ひ/ふ/ふ/へ/へ

や行>

ゆき-か・ふ【行き交ふ】(―カ(コ)ウ)
[1]行き来する。往来する。行き違う。
[例]「あまたの年ごろ、この道をゆきかふたび重なるを思ふに」〈源氏・東屋〉
[訳]「長年の間に、この道を行き来したのが何回にもなったことを思うと」
[2]過ぎ去って、またやって来る。移りゆく。めぐりゆく。
[例]「月日は百代(はくたい)の過客(くゎかく)にして、ゆきかふ年もまた旅人なり」〈奥の細道・発端〉
[訳]「月日は永遠にとどまることのない旅を続ける旅人(のようなもの)であり、過ぎ去って、またやって来る年もまた旅人(のようなもの)だ」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5091453
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ