ケータイ辞書JLogosロゴ 行き返る・往き返る
【ゆき-かへ・る】
[自][ラ四]ら/り/る/る/れ/れ

や行>

ゆき-かへ・る【行き返る・往き返る】(―カエル)((上代は「ゆきがへる」))[1]行ってまた帰る。往復する。
[例]「忍びてゆきかへり侍らんも」〈源氏・東屋〉
[訳]「人目につかないよう行ってまた帰りますようなのも」
[2](年月が)改まる。(季節が)移りゆく。
[例]「◎あらたまの年ゆきがへり春立たばまづ我がやどにうぐひすは鳴け」〈万葉・二〇・四四九〇〉
[訳]「◎年が改まり春になったなら、真っ先に私の家(の庭)で、うぐいすよ鳴け」
<参考>用例中の「あらたまの」は「年」にかかる枕詞。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5091454
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ