ケータイ辞書JLogosロゴ 雪じもの
【ゆき-じもの】
[副]

や行>

((「じもの」は接尾語))雪のように。一説に、「ゆき」にかかる枕詞。
[例]「◎ひさかたの天伝(あまづた)ひ来(く)るゆきじもの行(ゆ)き通ひつついや常世(とこよ)まで」〈万葉・三・二六一・長歌〉
[訳]「◎天空を伝って降ってくる雪のように(お仕えしている大君の御殿に)行き通い続けよう。ますます(末長く)永遠の未来まで」
<参考>用例中の「ひさかたの」は「天」にかかる枕詞。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5091463
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ