ケータイ辞書JLogosロゴ 弓鳴らす
【ゆみ-なら・す】

や行>

夜行警備のときなどに、邪気を払うまじないとして弓の弦(つる)を手ではじいて鳴らす。「弓引(ゆみひ)く」「弓(ゆみ)を引(ひ)く」
[例]「滝口のゆみならし、沓(くつ)の音し、そそめき出(い)づると」〈枕草子・五六・殿上の名対面こそ〉
[訳]「宮中警護の武士が弓の弦を鳴らし、沓の音を立て、ざわめいて(清涼殿(せいりょうでん)の庭に)出て来ると」
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)東京書籍[全訳古語辞典('06/2)]
JLogosID:5091613
最終更新日:2007-12-11




ケータイ辞書 JLogosトップ